あまり満足できなかった荒川区でマンション売却の経験

初めての不動産売買

マンションは不動産ですし、売るなら不動産会社を通じるのが普通です。
経験豊富な人であればすんなりと色々な手続きができるんでしょうけど、自分が持っている荒川区のマンションは元々親が購入したものだったので、不動産売買に関してあまり詳しい事情を知らなかったんです。
それが悪かったのかあまり良い結果にはならなかったんですが、とりあえずは売却できたことに安心したといった具合です。
自分はてっきり、不動産会社自らが買取ってくれると思っていました。
そのことについて最寄りの不動産会社に相談しにいったんですが、不動産会社が直接買い取るよりも、別の買ってくれる人を探すことを代行する方法を選んだほうが、高く売れることを教えてもらったんです。
高いものですし、せっかく売るなら高く売れる方法をできるだけ試したいです。
この不動産会社でも仲介として買ってくれる人を探すサービスを行っていましたので、早速査定を依頼しました。
査定だけであれば無料だと聞いて、安心しました。
売りたいマンションまで会社の人が来て、細かく調べてもらいました。
少し興味を持ってくれた人もいたそうですが、価格の高さに断念してしまう状態のようでした。

マンション売却は安心安全な業者に依頼しよう

実家の母も高齢となり近頃では、いくつもの持病を抱えて一人での生活もおぼつかなくなり仕方なく今回、老人介護施設に入居することになりました。そのため今住んでいる自宅マンションの処分をどうするか悩みました。賃貸にだすと維持管理費や借主とのトラブルの心配があり、最終的には後々のごたごたが少ない売却で話を進めることに決めました。
売却すると決めましたが、史上最低の金利のため若い人も新築を立てる方が多く見られ、新規のマンションの建築ラッシュの時節に、中古物件が本当に売れるのか疑心暗鬼でした。そこで早速、周辺の売買実績のある地元で名の知れた不動産会社に市場動向や査定価格を親切丁寧に教えていただき、この業者なら信頼がおけると思い、責任を持って売却先を探してもらえる専属専任媒介契約を結びました。
今回は転居先も決まっているので売り急ぐ必要も無いので、売り出し価格の設定も、当方の希望価格に近い査定額になりました。売り出し価格が決まったら、次は内覧準備が必要です。購入検討者に少しでも良い印象を持ってもらうためにも、マンションの掃除や整理整頓を行いました。そうこうするうちに立地条件が良いためか、何人かの購入希望者が現れ話はとんとん拍子で進み売却が決まりました。地元の信頼がおける業者に全面的に任せたのが正解でした。いまでは母も快適に施設で暮らしています。

初めての不動産売買 : 思ってたよりも安くて少しがっかり : 今回の事を反省して次につなげたい